ブログトップ

「子どもたち同士が『つながる』自己紹介カード」

新年度が始まると、子どもたちに「自己紹介カード」を書いてもらうことがあります。
一般的には、「○年生の目標」を書いてもらい、それを掲示することが多いようです。

私も、以前はそうしていました。
しかし、ここ数年は、変えてきています。
「目標」を決めることはもちろん大切なのですが、それだけでは、少し味気なく感じたからです。

私は、「子どもたち同士がつながる自己紹介カードにしたい。」と考えました。
そこで、以下のように工夫して書いてもらっています。

1.「写真」は、ただ顔写真を載せるだけでなく、おかしなポーズを決めたり、好きなもの(例:「お花」「サッカーボール」「ぬいぐるみ」など)と一緒に撮ったりする。
それだけで、かなりインパクトがある写真が撮れる。

2.「目標」だけでなく、
「好きなテレビ番組」
「好きな食べ物と、苦手な食べ物」
「放課後に遊べるのは、○曜日です」
「こんな習い事をしています」
「休み時間にしている遊び」
「○○(得意なこと)のことなら教えられます。」
「○○(好きなこと)のことを話しかけられると、テンションが上がります」
「みんな、私をこう呼んで」
「今はまっているものは、○○です」
など、その子のことがよくわかる項目を書いてもらう。

書いてもらったら、掲示する前に、「自己紹介カード」を使ってもう一工夫。
一人ひとりが自分の自己紹介カードを持ち、友達と交流します。

教室内を自由に歩き、出会った友達と、
「何を話しかければ、テンションが上がるの?」
「好きな食べ物はなに?」
「いつ遊べる?」
など、質問をしあいます。

あちらこちらで、
「わかる~!」
「俺も俺も!」
といった楽しそうな声が聞こえます。
気付けば、教室内が笑顔で包まれます。

せっかく「自己紹介カード」を書いてもらうのですから、有効的に活用したいものです。
今年度も、「子どもたち同士がつながる」を意識して、自己紹介カードを書いてもらおうと思っています。

<ぜひメルマガにもご登録ください!>
「子どもたちを伸ばす!教育技術と教育観」
http://www.mag2.com/m/0001646763.html

<管理者主催 教育サークル>
「子どもの力を伸ばす会」
お気軽にご連絡ください。
[PR]
by hidede0225 | 2015-04-05 16:01 | セミナーのいろいろ