ブログトップ

1年生 算数「10のうた」(いくつといくつ)

算数の「いくつといくつ」の単元から、「10のうた」という唱え歌にチャレンジしている。

「10のうた」とは、「10までの数の合成・分解」を唱え歌にしたものである。

~10のうた~
10は、「1と9」「2と8」「3と7」「4と6」「5と5」おしまい!
9は、「1と8」「2と7」「3と6」「4と5」おしまい!
8は、「1と7」「2と6」「3と5」「4と4」おしまい!
7は、「1と6」「2と5」「3と4」おしまい!
6は、「1と5」「2と4」「3と3」おしまい!
5は、「1と4」「2と3」おしまい!
4は、「1と3」「2と2」おしまい!
3は、「1と2」おしまい!
2は、「1と1」おしまい!
1は、「1」おしまい!

このプリントを、算数の教科書にはっている。
そして、授業のはじめに、全員でリズムに乗って言っている。

その後、私の前で1人1人チャレンジをする。
合格したら、プリントに合格シールをはる。

10までの数の合成・分解を覚えておくと、この後の「たし算」「ひき算」に生きてくる。
全員の合格を目指していきたい。


【書籍紹介】
本が発売されてから、約3ヶ月が経ちました。
おかげさまで、Amazonそして明治図書出版のランキングで、好評をいただいています。
引き続き、どうぞよろしくお願いします。


[PR]
by hidede0225 | 2017-06-15 08:20 | 授業のいろいろ