ブログトップ

友人の学級参観の振り返り(後編)

前回の記事の続き。
友人の学級参観の振り返りの後半を載せる。

5 出るときは出る。言うときは言う。

以下、4つ具体を示す。

①朝の会において。みんなからの連絡の際。

→「○○さんの方を向いていますね?」

②道徳の時間。ビデオを見ているとき。

→「お話しないで見ます。友達の考えを邪魔してはダメです」

③算数の時間。がやがやして集中が欠けてきたとき。

→「全員起立。1・2・3!」

「はい、座ります」

「あー、しゃべっちゃったね。もう一度。全員起立。1・2・3!」

「はい、座ります。気持ちを切り替えてね」

④算数の時間。丸付けをする子の声が大きいとき。

→「丸付け屋さん。呼び込みの『いらっしゃいませ』の声、いらないよ。集中しよう」

 4で「ほめる」ことについて書いたが、もちろんほめるばかりではない。正しくない行動があったときは、教師が出て、ピシッと言っていた。特に感銘を受けたのは③。○○さんは、「静かにしなさい」「うるさいです」というのではなく、「立たせて座らせる」という方法をとった。ダイレクトに注意する以外の方法には、どんなものがあるか。それを考え、引き出しを増やしていきたい。

6 教師の立ち振る舞い

以下、6つ具体を示す。

①子どもを呼び捨てにしない。「~~さん」と呼んでいる。

②服装がちゃんとしている。シャツイン。

③教師のかもし出す雰囲気が、おだやか。落ち着きを感じる。

④休み時間、子どもたちと手遊びで遊んでいた。

⑤6班の女の子。班の中でのトラブルがあったとき、すぐに廊下に呼び、話を聞いていた。

 「話してくれて、ありがとう」と伝え、その後、班全員を呼び、話をしていた。

⑥算数の時間。○○さんが泣いていたとき、「どうしたの?」とすぐに話を聞いた。

 「教師が最大の教室環境」という言葉がある。○○さんの立ち振る舞いは、とてもよい教室環境であった。これまで○○さんの学級のビデオを見ていて、○○さんの学級の子どもたちは、「人なつっこく、全力を出そうというパワーがありつつ、細部まで丁寧で礼儀正しい」というイメージがあった。そういう子どもたちになっている最大の要因は、○○さんの立ち振る舞い。子どもたちは、○○さんの一挙手一投足をよく見ているのだ。改めて、「教師の在り方」の大切さを実感した。

7 子ども同士の関わり

以下、9つ具体を示す。

①朝と休み時間に、友達同士でオセロやトランプなどをしていた。

②健康観察で、「となりの人を見ていてあげてね」

③朝の歌が終わったとき。音楽係が、よかったところを伝えていた。

④漢字ドリルをするとき。「間違えやすいところはどこ?おとなりと話してごらん」

⑤授業中、誰かが発表したとき。「みんな、反応してあげて」

⑥算数の時間。分度器を使って角を書くとき。「となりの人ができているか、見てあげて」

⑦算数の時間。「全部終わったら、帽子をかぶって、友達の丸付けをしてあげて」

⑧英語の時間。「テッテッテッテッテレパシー」「ネームチェンジ」「チクタクボーン」「好きなもの」

 これら全てが、友達と楽しく関われるアクティビティ。

⑨国語の時間。号車ごとに丸読み。「この号車で、だれのどこがよかった?」

 とにかく様々な活動を通して、子ども同士の関わりが多い。その関わりは、かなりがんばらないとできないことではなく、ちょっとがんばればできることである。この時期は、軽い関わりの量を増やし、「友達と関わることを『快』と感じさせる」ということをねらっていると感じた。



【書籍紹介】
※Amazonで売り切れになったため、明治図書出版のリンクです。

[PR]
by hidede0225 | 2018-04-29 08:04 | クラスのいろいろ