ブログトップ

「話を聞く」ことの大切さ

先日、息子の保育参観に行ってきた。

息子の保育園では、「話を聞く」ということに力を入れていた。
座り方・顔と体の向き・返事などを、先生が子どもたちに伝えていた。

参観したのは4歳児クラスだが、どの子も先生の話に横やりを入れず、最後まで話を聞こうとしていた。
そのため、話の後、活動に移ったときに、ほとんどの子がさっと動けていた。

「4歳児クラスでこれはすごい」と、素直に思った。
「話を聞く」ことの大切さを改めて感じた。

私も、クラスの子どもたちに、「話を聞く」ことの大切さをこれからも伝え続けていこう。

ただ「大切だよ」と言葉で言うだけではなく、「なぜ大切なのか」を考えさせたり、こちらが説明したり、両極(話を聞くことと聞かないこと)を体験させたりして、子どもたちにその価値を感じてもらいたい。


【書籍紹介】
本が発売されてから、約2ヶ月が経ちました。
おかげさまで、Amazonそして明治図書出版のランキングで、好評をいただいています。
引き続き、どうぞよろしくお願いします。


[PR]
by hidede0225 | 2017-05-24 08:15 | 自分のいろいろ