ブログトップ

<   2017年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

12月31日。
大晦日です。
2017年が終わります。

今年の自分の目標は、「捨」でした。
自分自身が抱えているものの中から、自分にとって本当に大切・必要なもの以外を「捨」てる気持ちで一年をスタートしました。

もっとシンプルに、もっと自分のしたいことに素直に生きていきたいと思ったのです。

この一年間を振り返ると、「捨」てたことにより、「得」たものが多くありました。
矛盾しているようですが、これは「捨」てたからこそ、新たに「得」られたのです。

また、「捨」てるために自分と向き合い、自問することで、多くの新たな気付きを得ました。

うーむ。
抽象的すぎて、何のことだかわかりませんね。。

いずれにせよ、周りの方々のおかげで、今年も充実した一年間でした。
こう思える自分は幸せ者です。
本当に周りの方々に感謝です。

来年は、節目の年となりそうです。
ますます充実した一年間にしたいです。

それでは皆様、よいお年を…。


※今年も様々な教育書や教育雑誌に寄稿させていただきました。
いくつかの教育セミナーにも登壇させていただきました。

その中でも自分にとって大きかったのは、上越教育大学教授の赤坂真二先生のお声かけで、初の単著「授業をアクティブにする!365日の工夫」を出させていただいたことです。
(以下リンク参照)

初の単著は、やはり自分にとって1つの区切りとなりました。
しかし、これはスタートでもあります。
来年、2冊目の単著に向け、コツコツと執筆を続けていきます。

[PR]
by hidede0225 | 2017-12-31 08:07 | 自分のいろいろ

百回裏切られても…。

年末なので、実家に帰省している。

たくさん本や雑誌を持ち込んで読んでいるのだが、その中で以下のフレーズが印象に残った。

「子どもに10回裏切られたとしても、11回信じよう。
50回裏切られたとしても、51回信じよう。
100回裏切られたとしても、101回信じよう。」

教師は、子どもに何かを指導したら、すぐに変わってほしいと願う。
しかし、実際は、なかなか子どもは変わらない。
「この前も言ったのに…。」とイライラしがちである。

そんなとき、このフレーズのように、その子を信じ、何度でも丁寧に伝えていきたい。


【書籍紹介】
3月に発売された私の本です。
「主体的・対話的で深い学び」に基づく授業づくりの考え方やポイントと、具体的な授業実践を豊富に載せています。
引き続き、どうぞよろしくお願いします。

[PR]
by hidede0225 | 2017-12-30 08:05 | 自分のいろいろ

「なんのためにするのか」は、「目的」。
「なにをするのか」は、「方法」。

この「目的」と「方法」について考える。

「なんのためにするのか(目的)」にこだわれば、方法にはこだわらない。
それこそ、多種多様な方法がある。

しかし、「なにをするのか(方法)」にこだわれば、子どもをその方法に合わせようとすることにこだわる。
その方法が合う子にとってはいいが、合わない子にとってはつらい。
強引に進めると、歪みが出る可能性がある。

じゃあ、どうすればいいのか?
ここのところを、もっと意識していかなくては。


【書籍紹介】
3月に発売された私の本です。
「主体的・対話的で深い学び」に基づく授業づくりの考え方やポイントと、具体的な授業実践を豊富に載せています。
引き続き、どうぞよろしくお願いします。

[PR]
by hidede0225 | 2017-12-29 08:02 | 自分のいろいろ

時間をかける。

冬休みに入っても、早朝に学校に行き、数時間仕事をしている。

効率のよさも大切だが、こうして時間をかけて仕事に向き合う。
時間をかけ、じっくり考えていくことで、ようやく腹に落ちる。

要領よくパッパッとできないのだ。
それでも、若い頃に比べると、一通りいろいろなことを経験してきたことで、効率はよくなっているのだけれど。

というわけで、今日も早朝から仕事(笑)


【書籍紹介】
3月に発売された私の本です。
「主体的・対話的で深い学び」に基づく授業づくりの考え方やポイントと、具体的な授業実践を豊富に載せています。
引き続き、どうぞよろしくお願いします。

[PR]
by hidede0225 | 2017-12-28 08:07 | 自分のいろいろ

長期休み恒例の「振り返り」も終わり、1月からの仕事に入っている。

・授業参観と懇談会
・生活科の幼少交流
・卒業を祝う会
・クラスの「係」「給食」「当番」など
・各教科の教材研究
などなどである。

これらの仕事を進めておくと、1月からの見通しが立ち、余裕を持てる。

余裕があると何がいいかというと、子どもたちへの接し方によい影響が出る。

ゆったりとおだやかに子どもたちに接することができる。


【書籍紹介】
3月に発売された私の本です。
「主体的・対話的で深い学び」に基づく授業づくりの考え方やポイントと、具体的な授業実践を豊富に載せています。
引き続き、どうぞよろしくお願いします。

[PR]
by hidede0225 | 2017-12-27 08:09 | クラスのいろいろ

昨日、クラスの子どもたちに年賀状を書いた。

今年の年賀状でも、毎年恒例の「合体メッセージ」を行う。

「合体メッセージ」とは、1人1文字ずつ年賀状にキーワードを書いておき、登校初日にクラスみんなでキーワードを合わせると、メッセージができあがるというものである。

1月9日に子どもたちと再会するのが楽しみである。


【書籍紹介】
3月に発売された私の本です。
「主体的・対話的で深い学び」に基づく授業づくりの考え方やポイントと、具体的な授業実践を豊富に載せています。
引き続き、どうぞよろしくお願いします。

[PR]
by hidede0225 | 2017-12-26 08:07 | クラスのいろいろ

今日はクリスマス。

今日はクリスマス。
リビングには、サンタからのプレゼントが届いている。

プレゼントを選んだり、手紙を書いたり、用意をしたり…。
親として、こうした「してあげる幸せ」を感じさせてくれることに感謝。

子どもたちは、まだ寝ている。
起きてきたとき、どんな顔をするのか楽しみである。


【書籍紹介】
3月に発売された私の本です。
「主体的・対話的で深い学び」に基づく授業づくりの考え方やポイントと、具体的な授業実践を豊富に載せています。
引き続き、どうぞよろしくお願いします。

[PR]
by hidede0225 | 2017-12-25 06:30 | 自分のいろいろ

先日発売された、小学館「小1教育技術」誌の1月号に寄稿させていただきました。

「ジャンル別ミニネタおせち」という特集です。

1月からすぐに使える、授業づくりや学級経営、校務分掌などの様々なミニネタが掲載されています。

よろしければ、お手に取ってご覧ください。


【書籍紹介】
3月に発売された私の本です。
「主体的・対話的で深い学び」に基づく授業づくりの考え方やポイントと、具体的な授業実践を豊富に載せています。
引き続き、どうぞよろしくお願いします。

[PR]
by hidede0225 | 2017-12-24 08:06 | 本のいろいろ

冬休み初日。

長期休みになると、これからのことを進めたいと思う。
冬休みなら、1月からのこと。

しかし、それは後回し。

まずしなくてはならないのは、「9月~12月の振り返り」である。
振り返りにこそ「宝」があるからだ。

今日、時間をとって、9月~12月の振り返り(成果と課題、その理由)をなるべく細かく具体的に書き出し、レポートにまとめたい。

後日、同僚とレポートを見合い、ざっくばらんに話し合う会をすることになっている。

「振り返り」を通して、これまでの自分を見つめ直し、1月からにつなげたい。


【書籍紹介】
3月に発売された私の本です。
「主体的・対話的で深い学び」に基づく授業づくりの考え方やポイントと、具体的な授業実践を豊富に載せています。
引き続き、どうぞよろしくお願いします。

[PR]
by hidede0225 | 2017-12-23 08:07 | 自分のいろいろ

今日は、2017年最後の登校日。
(私の勤務市は二期制なので、「終業式」ではない)

今日は、3時間授業。

2時間「クリスマスパーティー」をして、最後の1時間に、転校する友達との「お別れ会」をする。

「クリスマスパーティー」では、1月の授業参観で行う「力が伸びたよ発表会」のリハーサルもかねて、司会・進行を自分たちで行う。
一人ずつ、何かの役割がある。

そして、「お別れ会」。
手紙と寄せ書きを渡し、みんなで歌を歌う。
転校する子が、新しい学校でもがんばれるよう、みんなで応援したい。

…うーむ、感極まりそうである。


【書籍紹介】
3月に発売された私の本です。
「主体的・対話的で深い学び」に基づく授業づくりの考え方やポイントと、具体的な授業実践を豊富に載せています。
引き続き、どうぞよろしくお願いします。

[PR]
by hidede0225 | 2017-12-22 08:03 | クラスのいろいろ